鈴鹿明神社・鈴鹿明神参集殿
HOME ≫ 安産戌の日
安産戌の日
安産戌の日とは?

一人の人間がこの世に生まれてくると言うことは実に大変なことですから、赤ちゃんが母親の胎内に宿ったときから、無事の出産を神様に祈ります。つまり、神様とのご縁は、人がこの世に生まれてくる前から始まっているのです。
人生の礼儀や祭事は、一人の人が誕生する以前から始まっており、懐妊5ヶ月目の戌の日に子宝に恵まれたことを事に感謝し、胎児の健全な発育を願うと共に、丈夫な赤ちゃんを安産できるようにとの願いから、「岩田帯」と言われる帯を妊婦の下腹部に巻くものであります。
戌の日は暦の上で戌にあたる日で、戌の日が選ばれた理由については、犬は一度に多数の子供を産み、安産そのものであることから、それにあやかりたいと願ったものと言われています。

平成29年 安産戌の日

1月 11日 23日  
2月 4日 16日 28日
3月 12日 24日  
4月 5日 17日 29日
5月 11日 23日  
6月 4日 16日 28日
7月 10日 22日  
8月 3日 15日 27日
9月 8日 20日  
10月 2日 14日 26日
11月 7日 19日  
12月 1日 13日

25日

鈴鹿明神社では社頭祈祷を行っております。御祈願のご予約は必要ございませんので、直接御祈祷受付所(社務所)までお越し下さいませ。 安産御守、岩田帯(腹帯)、安産布守もご用意しております。また、岩田帯(腹帯)をお持ちの方は御祈祷時にお祓いをさせていただきます。御祈祷受付時にお出し下さい。
このページのトップへ
鈴鹿明神社・鈴鹿明神参集殿